買物のこまり PR

【乾物備蓄は心強い】乾物は保存食や非常食として使え、日常食にもなる

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

食料備蓄は、災害時のためだけではありません。
特に病弱な一人暮らしの場合、
体調不良で買い物に行けないこともあります。
そんな時、長期保存できる食料があると安心できます。

食料備蓄で、ある程度の期間保存がきくものといえば、
カップ麺、缶詰、レトルト食品などがありますが、
それらの食品は、健康面からいうと少し問題があります。
価格を抑えるために、外国産の野菜を使ったり、
食品添加物や保存料も気になります。

食料備蓄を考えるとき、
日本に昔からある乾物類なら
添加物や有害物質の心配なく、安心ではないでしょうか?
そんな日本古来の乾物類にはどんなものがあるのでしょうか?

非常食にもなる日本の乾物


食料備蓄を考えるときに、一般的に保存がきく食品は、
添加物が多く使われているようです。
そんな非常時に添加物とか言ってられないって、いう意見もありますが
添加物に弱い体質の人もいます。

私もたまにインスタント麺やレトルト食品を食べると、腹痛や胸焼けがします。
きっと、非常時には生き残れないですね。

そこで、普段から食べているもので、
ある程度安心して食べることが出来きて
日持ちがする食品に
日本の乾物や保存のきく食材があります。

主食になるもの

・米
・小麦粉
・米粉
・乾麺(うどん、そうめん、そば、パスタ)
・もち
・春雨

米は、毎日食べるものですが、
少し多めにストックしておくと安心です。
小麦粉や米粉も主食として活用でき、
パンケーキや、お好み焼き、だご汁などにして食べることが出来ます。

麺類も保存がきくので、数種類ストックしておくと、
飽きなくていいかもしれません。

もちは、お正月だけのものではありません。
真空パックだと、常温で1年以上保存できます。

 

タンパク質になるもの

・高野豆腐
・大豆・小豆類(乾燥した豆類は茹でるのに少し手間がかかりますが日持ちします)
・削り節
・煮干し

非常時には、新鮮な肉や魚が手に入りにくい状態になるかもしれません。
タンパク原として、上記の食材があるといいですね。

 

野菜・海藻類・その他

・切り干し大根
・ごま
・乾燥野菜(ごぼう、人参他)
・梅干
・のり
・乾燥わかめ
・ひじき
・干ししいたけ
・干し柿
・じゃがいも
・玉ねぎ
・こんにゃく
・水煮野菜(タケノコ、ごぼう)

乾物を使った料理を、普段のレシピに取り入れて
普段から少しづつ使うようにしましょう。

じゃがいもや玉ねぎは、わりと日持ちがするので、
普段からいつもストックしています。

 

調味料

・味噌
・醤油
・酒
・砂糖
・塩

日本古来の調味料は、保存がききます。

 

その他 カロリーになるもの

・ジャム
・チョコレート
・クッキー
・砂糖
・はちみつ

日本食ではありませんが、
非常時には、手早くカロリーがとれるものがあると安心です。

 

乾物は、普段から使い慣れておく

高野豆腐、切り干し大根、ひじきなど、
乾物は、一度水で戻してから使います。
日持ちがする乾物類は、
普段から使い慣れていたほうが、使う時スムーズです。
身体にもいいので、
普段のレシピに加えて、定番メニューとしてはいかがでしょう。

生鮮食品が手に入らなくなった時の、
一時しのぎにもなります。

 

高野豆腐

高野豆腐の含め煮

高野豆腐の含め煮 調味料

・だし 2+1/2カップ
・砂糖大さじ 1+1/2
・みりん大さじ 1+1/2
・酒大さじ 1+1/2
・うす口しょうゆ 大さじ1

 

高野豆腐の栄養効果

・脂肪の代謝を促進する大豆サポニン
・女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持つ大豆イソフラボン
・脳を活性化させるレシチン
・老化を予防するビタミンE
・カルシウム
・マグネシウム
・鉄
・亜鉛
・食物繊維
などが含まれています。

切り干し大根

大根は、
天日乾燥することによって、
生の大根よりも、カルシウム、鉄、ビタミンB1、B2などの栄養価が高くなります。

切り干し大根の期待できる効果

・食物繊が豊富(便秘の改善や大腸がんの予防)
・動脈硬化の予防
・ダイエット効果

 

ひじき煮


<材料>
・干しひじき1袋(20g)
・人参(50g)
・薄揚げ2枚
・レンコン(50g)

<調味料>
・だし汁 150㎖
・濃口しようゆ 大さじ2
・みりん 大さじ1
・酒   大さじ1
・さとう 大さじ1
・油 小さじ1

ひじきは、各種ミネラルが豊富に含まれています

・カルシウム
・食物繊維
・ビタミンA
・ビタミンK
・マグネシウムなど

含まれる成分 主な働き
カルシウム ・丈夫な骨や歯をつくる
・筋肉や神経の働きをサポートする
・タンパク質やマグネシウム・クエン酸と摂ると効率よく吸収できる(大豆製品や柑橘類・酢などを使用した料理と一緒に摂る)
食物繊維 ・満腹感を得られ食べ過ぎを防ぐ
・便秘予防
・血中コレステロールの吸収を抑える
マグネシウム ・骨の重要な成分になっている
・酵素の働きをサポート
・筋肉の働きをコントロール
・神経の興奮を抑える

 

 

安心して食べられる備蓄食品を選びたい

非常食の備蓄は、災害時だけでなく、
ストックがあれば体調不良時にも安心です。
特に体調が悪い時は、何でも食べられるものでなく、
胃や腸に優しいものが必要になってきます。

一般的にすぐに食べられる非常用食品といって思い浮かべるのは、
カップ麺、レトルト食品、缶詰などです。
でも、一般的な非常食と呼べるものは、
食欲がない時は、喉を通りそうにありません。

普段から出来るだけ添加物を使っていない非常食や
国産食材を使ったものをチェックしておくといいですけど、
なかなか難しいですね。

【缶詰やレトルト食品って安全?】PBA、塩分、原材料、食品添加物缶詰やレトルト食品は賞味期限が長く、常温で保存できるので 災害時やいざという時のために、備蓄をしている方も多いのではないでしょうか? ...

 

食料備蓄の悩み

・保存料や添加物、原材料が気になる
・どれがいいのか探すのが面倒
・必要なのは分かっているが、後回しにしがち
・非常食って美味しくなさそう

無添加で安心して食べられて、身体に優しいのがコチラ↓
野菜をMotto!!レンジカップスープ

 <特徴>
・電子レンジで1分で出来る
・洗い物不要
・安心の国産野菜を使っている
・低カロリー(166kcal以下)
・日の当たらない場所で常温保存(製造より約9か月)
・安心安全な保存料、化学調味料、合成着色料不使用

<種類>
・ ミネストローネ
・ クラムチャウダー
・ボルシチ
・ とん汁
・ コーン
・ごぼうスープ
・ポトフ
・オニオン
・かぼちゃ
・バターナッツかぼちゃ
全10種類

<価格>
スープは1個180g税抜400円

こういう商品なら、体調が悪い時でも
身体は受け付けてくれそうです。

野菜をMotto!!レンジカップスープ

 

まとめ

私は普段あまりストックをしないほうなので、
たくさん買うことには慣れていませんが、
消費期限の長いものを選んで、期限内に使い切れば無駄にはなりません。
もしもの時に、あわてないためにも、
身体に害のない原材料を使った食料備蓄は必要ですね。

≪防災安全協会認定 高防水ターポリンリュック採用≫ 防災セットLA・PITAシリーズ