【みそ汁の冷凍】まとめて作って冷凍すると簡単に美味しいみそ汁が飲める

朝のみそ汁は、食欲がないときでも美味しく感じて
身体が目覚める気がします。
とくに、寒い冬の朝に飲むみそ汁は身体を温めてくれます。
日本古来の発酵食品である味噌は、身体にとてもいいと言われています。

でも、一人分のみそ汁を作るのって、なかなか面倒で難しいんですよね。
そんなとき、まとめて作って、1杯分づつ冷凍保存しておけば、
毎日おいしいみそ汁が飲めます。

一人分のみそ汁作りは難しい?

一人分のみそ汁ってなかなか作るのは難しいです。
出汁をとって、具材を刻んで、
みそを溶くのも少ない分量だとやりずらいですね。

結局多めに作って、
何回も食べることになってしまいます。

そこで、まとめて作って
それを1週間くらい食べることが出来れば便利です。
冷凍保存することで、日持ちが可能になります。

冷凍みそ汁を美味しく食べるポイントは、具無しにしておくことです。
具を入れたま冷凍すると、
食感が悪くなったり、味がまずくなったりします。

汁だけの冷凍だと、
その日の気分で毎日違った具材を入れて食べることが出来るので、
飽きません。

 

冷凍みそ汁の作り方

特に一人暮らしの方は、
みそ汁をまとめて作って冷凍しておくと便利です。

出汁


出汁は天然の出汁が美味しいです。
煮干しや、かつお節、しいたけなど、その時々によって違いますが、
いちばん簡単なのは、天然だしのパックです。
添加物や塩分の心配もないし、
手軽に美味しい出汁がとれます。

冷凍みそ汁は具なしで作ります


具を入れてしまうと、凍ることで食感が悪くなったり、
味が落ちてしまいます。
冷凍する場合は、具無しにして
食べる時にその都度具を入れて食べたほうが美味しいです。

小分け冷凍


1杯分づつ容器に入れます。
容器は、ご飯の冷凍用のタッパですが、
あまりご飯の冷凍をしなくなったので、
今は冷凍用みそ汁の容器として使っています。

蓋をして、

冷めたら冷凍室で保存します。

冷凍みそ汁の食べ方


前日の夜に冷蔵庫に移しておくと、翌朝には液体になっています。
朝、その日の気分で具を決めます。

みそ汁の具


・豆腐、
・湯通しわかめ(刻んで冷凍)
・薄揚げ(刻んで冷凍)、
・自家製冷凍野菜(小松菜、白菜、キャベツなど)
・茹で置きの野菜(茹でたじゃがいもや大根、小松菜など)
すぐに具材になるものを入れて、
温めるだけで、出汁のきいた美味しいみそ汁が飲めます。
冷凍とは思えないほど、普通に美味しいです。

急ぐときは、レンジで温めますが、
鍋で温めたほうが美味しく感じられます。

 

好きなみそ汁の具ランキング(日本味噌株式会社

1位 豆腐
2位 わかめ
3位 油揚げ
4位 長ネギ
5位 じゃがいも
6位 大根
となっています。

 

最初から具を入れたみそ汁を冷凍してみました


凍っても影響ないような具材(薄揚げとネギ)を入れて、
冷凍してみましたが、
やはり作り立てのような美味しさは感じられませんでした。
やはり冷凍味噌汁は、具無しが正解のようです。

 

インスタントみそ汁ってどうなの?


みそ汁を作るのはめんどくさいけど、
やっぱりみそ汁が飲みたい時、
手軽に飲めるインスタントのみそ汁がありますが、
インスタントみそ汁ってどうなんでしょう?
塩分や添加物が気になりますね。

塩分

注意したいのは、インスタントみそ汁には塩分が多く含まれます。
永谷園あさげ(生みそタイプ)は、食塩相当量、2.0gとなっています。
その他のメーカーでも2g前後のものが多いです。

日本人の塩分摂取量は、
・男性7.5g未満
・女性6.5g未満となっています。
高血圧や腎臓病などの持病があるかたは、
さらに厳しく制限されます。
みそ汁1杯で2gの塩分を摂ってしまうと、
塩分の摂り過ぎのようですね。

塩分の摂り過ぎは、
高血圧など様々な病気を引き起こしてしまいます。

手作りすると、薄味にしたり、
具だくさんにすることで、塩分量を減らしたりできます。

添加物

<あさげ原材料名>
調味みそ(米みそ(国内製造)、食塩、昆布エキス、鰹エキス、鰹節粉、煮干粉、酵母エキス/酒精、調味料(アミノ酸等)、(一部に大豆を含む))、具(わかめ、ふ、調味顆粒(鰹節粉、デキストリン、煮干粉、食塩)、乾燥ねぎ/調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンE)、クエン酸、(一部に小麦を含む))

○○エキスが多いですね。
アミノ酸等表示も気になるところです。

最近は、無添加のみそ汁もあるようですが、
やはり自分で作る方が美味しい気がします。

価格

あさげ(生みそタイプ) 3食入り130円
1食当たり 43円です。
インスタントみそ汁1杯43円です。

それに比べ、手作りにすると格段に安く上がります。

 

健康の為に毎朝みそ汁を飲む習慣を!

朝ご飯に飲むみそ汁は、体にいいと言われます。

身体が温まる
身体の毒を出してくれる
腸内環境が整う
睡眠の質があがる
などの健康効果が期待されます。

みそ汁のことわざ

みそ汁は朝の毒消し 朝みそ汁を一杯飲むと体の毒だしをしてくれる
みそ汁は不老長寿の薬 みそ汁を飲んでいたら、丈夫で長生きできる
みそ汁一杯三里の力 1杯のみそ汁を飲めば、3里(約12キロメートル)歩いても疲れない。
煙草好きにみそ汁 みそ汁はタバコの毒をデトックスできる

 

みその効用に関する研究や論文

みその効用に関する研究や論文

①みそは、がんのリスクを下げる

②みそは生活習慣病のリスクを下げる
・みそは脳卒中、痴呆症、心臓疾患などの発症を低下させる
・みそ汁のある食事パターンが骨粗鬆症に効果
・糖尿病の改善が期待される

③みそは老化を防止する

④その他の研究
・みそには血圧低下作用をもつ物質がある
・みそには美白効果がある
・みそには血中コレステロールの上昇を抑える効果がある
・みそが胃がんのリスクを下げる
・毎日みそ汁を飲んでいると乳がんになりにくい
・みそを食べると老化を抑える
・みそ汁が血圧の上昇を抑える
・骨粗鬆症(こつそしょうしょう)対策にはみそ汁がよい
・みそは食中毒菌を抑える作用がある 

 

 

まとめ

みそ汁が身体にいいということを改めて実感しました。

一人分のみそ汁は、作るのがめんどくさいという難点がありますが、
まとめて作って冷凍保存しておくと、
いつでも、美味しいみそ汁が飲めますね。

インスタントよりも、自分で作って冷凍しておいたほうが、
安上がりで、
具だくさんに出来て
塩分の摂取量も控えられます。

冷凍みそ汁がいつも常備してあると、
疲れて帰った時や、
体調が悪くて、何も作れない時にも助かります。

みそ汁で、病気のリスクを減らして、
忙しい毎日を乗り切りましょう!

>>【カレーで胃もたれが・・・】胃もたれや腹痛がしない食べ方