家電

【リモコン電池の蓋が開かない】スライド式リモコンやその他固い蓋の開け方

電池で動くものは、
定期的に電池交換が必要になります。
時計、血圧計、マウス、リモコン類などがありますが、
手に力が入りにくいと、電池交換が簡単にいきません。
最近のリモコンは、取っ手が付いていて、
開けやすい工夫がしてあるようですが、
ものによっては、開きにくかったり、固いものがあります。

電池交換時の蓋を簡単に開ける方法をまとめてみました。

 

スライド式リモコンの電池交換


スライド式は、蓋を下にスライドさせていき、
一番下に電池収納部分があるタイプです。

このスライド式も、数年に1度の電池交換だと
固くて動かない場合があります。

ゴム(ゴム手袋を切ったもの)を使って開ける方法

まずは、ゴム(ゴム手袋を切ったもの)を使って
力を入れやすくして開けてみます。

これは成功で、開きました。

マイナスドライバーを使う方法

次に、照明のリモコンが手強くて、
どうしても開きません。
そこで、マイナスドライバーを隙間に入れて開けてみました。

成功です。開きました。

 

非接触体温計(でこピッと)の電池の蓋が固すぎて動かない・・・


最初ゴムを使って開けてみました。失敗です。びくともしません。

次に、マイナスドライバーを使って開けてみました。

①下にタオルを敷く
(傷をつけないようにするためと、安定するため)

②「三」のでこぼこ部分に、マイナスドライバーをあてる

③力を入れて、スライドさせる

成功です。見事に開きました。

 

電池交換時の注意点

・新旧、異種の電池を混用しない
・+、ーの方向を間違えない
・液漏れしていたら、素手で触らない(使い捨てのゴム手袋を使う)
・長時間使用しない場合は電池を取り出しておく

 

まとめ

電池交換で蓋が開かない時、
①最初は、ゴム(ゴム手袋を切ったもの)を使って、力を入れやすくして試してみます。
②それがダメならマイナスドライバーを使って開けます。
(マイナスドライバーは、回りやリモコンを傷をつけないように注意しましょう)

マイナスドライバーを使うと大抵のものは開けることが出来るようです。

他にもゴムの便利な使い方として、
ビンなどの固い蓋を開けるときや、
調味料の中栓を開けるときなどに便利で重宝します。
ビニール手袋は100均にも売ってありますし、
ゴムの切れ端を作っておくと便利ですよ。

【一人暮らしの電気代と節約】主な家電の電気代いくらかかっているの?1月は、電気代、ガス代ともに 過去最高記録を更新してしまいました。 やはり電気代とガス代が上がった要因は、 1月の気温が低かったこ...