暮らし

一人暮らし 月7万円生活はそんなに苦じゃないかも・・・

竹中平蔵氏の
ベーシックインカムを導入して、
月7万円支給で、
生活保護制度廃止ということが話題になっています。

病気で働けないなどの事情があって、
月7万円で生活することは可能なのでしょうか?

私は、持病があり、今は働ける状態ではありません。
月7万円の障害年金(内部障害)で生活しています。

基本的に7万円で生活して、
突発的な出費、冠婚葬祭費用、大きな出費は貯金から出しています。
月7万円生活には、何かあった時の為の貯金が必要になってきます。

最初は7万円で生活するなんて、無理と思っていました。
でも、”このままでは、貯金が減っていく~”と危機感を覚え、
まず、7万円で生活してみよう!と決心するところから始めました。

まず具体的に何から始めたかというと、
最初は家計簿をつけるところから始めました。

ステップ① 家計簿をつける

ステップ② お金の流れをつかむ

ステップ③ 無駄遣いを発見する

 

一人暮らしの平均生活費は?

一人暮らしで平均どれくらいのお金がかかる?

性別の違いや住む場所によって多少の違いがあるようですが、
大体16万円~17万円くらいが平均のようです。

普通に働いていれば、16万円くらいで生活して、貯金もできるでしょう。

でも、病弱ものは、働きたくても働けないという事情があります。

私も若い頃は多少の無理がきき、働いていましたが、
今は、身体も随分弱り、手足の障害も加わり、
自分の体調を保つので精一杯です。

 

我が家の7万円生活内訳(2020年8月分)

我が家の2020年8月生活費

金額 内訳・備考
①住居費(固定) 28,700 ・管理費・修繕費 10,700円
・固定資産税 9,000円
・駐車場 9,000円
※駐車場代は引き落とし先が管理費と同じなので、住居費に入れています。
②健康保険税 2,100
④通信費 5,015 ・固定電話 3,286円
(フレッツ光ネクスト含む)
・プロバイダー料金 756円
・スマホ代 973円
⑤光熱水費 9,064 ・電気 3,739円
・ガス 2,647円
・水道 2,678円
※真夏は冷房費がかさむので、いつもより電気代高めです。
⑥医療費 800
⑦食費・日用品 17,149
⑧介護サービス費用 2,427
⑨警備会社契約 3,078
⑩ガソリン代 1,050 市のガソリン補助券使用
⑪その他(病友会費) 700
合計 70,083 83円の赤字ですが、まあまあいいせんいっています。

 

節約ポイントは、食費+日用品です

7万円の生活費では、もう食費くらいしか切り詰める所はないですけど・・・

日用品は、トイレットペーパーやティッシュペーパー、洗剤類などですね。
主に生協で購入しています。
食費と日用品は同じところから購入するので、
分けて計算するのがたいへんなので、一緒にしています。

■月の予算→生協が14,000円
(週の予算を、3,000円×4週=12,000円)
・野菜類→1,000円
・タンパク質(肉、魚、豆腐類)→1,000円
・調味料+日用品→1,000円
と大体週3,000円くらいに収まることを目標としています。

・米は月に5キロ消費します。(約2,000円)

■生協にないものの購入予算は、4,000円
自分で買いに行ったり、ヘルパーさんに頼んだりしています。

自分で買い物に行くと、
余分なものを買ったりして、どうしても使い過ぎてしまう傾向にあるようです。

食費+日用品合わせて、1日600円で済ませている計算です。
基本的に1日3食自炊です。

■節約を意識するようになって買わなくなったもの
・パン
・お菓子、アイスクリーム類
・ジュース類
・マヨネーズ、ケチャップ、ドレッシング、ソース類
・カップ麺
がありますが、何だかそれらのものを体に入れなくなってから
すごく体調がよくなったように感じます。

 

住居費

賃貸と持ち家どちらが得か?は永遠のテーマですが、
7万円でやり繰りしながら、家賃を払っていくとなると少々厳しいですね。

家(分譲マンション)は、20年ほど前に、結婚してから購入しました。
ローンを繰り上げ返済するために随分節約もしました。

家を購入しなければもう少し貯金が多かったかもしれません。

大きなローンを抱えるのは、精神的に負担ですし、
失業や病気でローンが返せなくなる事態だってあるかもしれません。

また 一戸建ては、古くなってくると補修費がかさむようです。
計画的に補修費の積み立てをしていないと、たいへんなことになる可能性もあります。

賃貸か持ち家どちらがいいかは、悩むところですね。

でも、夫が亡くなり、働けない状態で一人暮らしになった今、
持ち家があってよかったな~と思うのも事実です。

家賃を払っていたら、7万円では生活出来なかったでしょう。

 

スマホ代 973円の理由

現在スマホ料金は、973円(ソフトバンク)です。
安い理由は、
・端末を一括購入したこと
・保証にいっさい入っていないこと(端末自体のメーカー保証が1年間あるため)
・1Gプラン(自宅にWi-Fi環境があり、自宅にいることが多いため)
・1年間1000円割引きが適用されているため  です。

 

一般的な一人暮らしの人と違う点

■化粧や服にお金を使わない
女性の一般的な独り暮らしの場合、
化粧品や服にお金を使いますが、
私の場合、ノーメイクです。
理由は、単に肌が弱くて、基礎化粧品にすら肌が荒れるからです。
また、家にいることが多いのでメイクの必要性を感じません。

服も、手足が不自由になったため、着れる服が少なくなりました。
おしゃれな服よりも、よく伸びて着やすく動きやすい服重視です。
必要時にたまに買うくらいで充分間に合います。

 

■介護費用
現在週2回の家事支援(掃除・ゴミ捨て)をお願いしています。
体が不自由になってくると、介護費用もかかってしまいます。
もう少し不自由になると、通院のためのタクシー代などもかかってきます。
やはり、貯金は出来るだけ減らしたくないですね。

 

■警備会社との契約
警備会社に鍵の預かりと緊急時連絡の契約をしています。
孤独死した時、鍵が開かないと大騒ぎになりたくないこともあり、
安心料として、契約しています。
緊急時には、ボタンを押すと駆けつけてくれるシステムにはなっていますが、
幸いまだ使ったことはありません。

警備会社との契約は、夫の病気が発覚したとき、夫が契約してくれたのもあり、
そのまま契約を続けています。

 

まとめ

一人暮らし7万生活をしてみて、今の所そんなに無理しなくてもやっていけています。

むしろ、
今月はクリアできたとか、今月は惜しくも赤字を出してしまったとか
ゲーム感覚で楽しんでいます。

家賃(住居費)にいくらかかるかで、
月7万円でやれるかどうか?決まるのかもしれませんね。

今よりもっと体が不自由になったら、当然出費がかさみます。
今出来ることを、今のうちにやっておかないと長生きしてしまった時が不安です。

現在、単身世帯の生活保護支給額の水準は月額12万円程度だそうですが、
生活保護は、私にはハードルが高過ぎて考えられません。

 

日本でも病気で働けない人は餓死のリスクがあるのか?新型コロナウイルスのニュースの陰に隠れていますが、 日々、その他のニュースもありますね。 その中で、57才と24才の親子の餓死ニュー...