暮らし

2020 夏至の頃の朝日(2020年6月22日)

6月22日 5:23分
気温17℃ 少し肌寒く、カーディガンを羽織りました。

夏至の翌日の朝日が綺麗でした。
昼が一番長い頃です。

日の出時刻は、5時13分(長崎市)
山の稜線から太陽が顔を出すのが、5時23分でした。

6月22日
日の出   5:13
日の入り 19:32

昼の長さが、14時間18分もあります。

ちなみに冬至の頃(昼が一番短い日)12/21は、
昼の時間が10時間です。(長崎市)
日の出     7:18
日の入り 17:18

夏至(6/21)と冬至(12/21)の昼間の時間は、
4時間18分もの差があるんですね。
(住んでいる地域によって時間に差がでます)

夏至の頃は、梅雨時と重なるため、
それほどお日様の恩恵を感じにくいですけど
夏場は、少し得をした気分ですね。

この日を境に、太陽の出る位置が、南下をはじめ、冬に向かいます。

2020年の夏至は、部分日食も重なりました

少し雲が多かったのですが、雲の間から少しだけ部分日食を見ることが出来ました。
太陽の直視は目に悪いのですが、雲が厚かったため、直視してもいい感じに雲が光を遮ってくれて、欠けた太陽を見ることが出来ました。

普段出来ない体験でした。

日本で一番早く届く朝日は?(夏至の頃)

6月21日 日の出 日の入り
北海道(納沙布岬) 3:36 19:01
沖縄(与那国島) 6:00 19:39

 

夏至の頃だと、北海道の納沙布岬が一番早いようです。

ちなみに、日本で一番遅い朝日は?

沖縄県の与那国島です。(夏至の頃)


日本列島のはるか下の方に位置します。
もう、台湾のほうが近いですね。
本当に、日本って南北に細長いんですね。

南の方が、朝が早いのかな?と思っていたんですけど
勘違いでした・・・

 

世界の日の出を調べてみると?

一番早いのが、中国のハルビン
一番遅いのが、オーストラリアのメルボルンでした。

6月22日 日の出 日の入り
中国(ハルビン) 3:43 19:27
オーストラリア(メルボルン) 8:35 18:08

 

 

 

北極圏の夏至(白夜)

太陽が沈みそうで、沈まない不思議

 

 

夏至の日の夕暮れもきれいでした

夕暮れの空って一瞬で表情が変わります。
さっきまで、真っ赤に燃えていたのに・・・・

朝日を浴びると、なぜか気持ちが穏やかになり生きるのが楽になる

 

まとめ

空を見ると、心に余裕がでるような気がします。
電気がなかった頃に生きた人は、
太陽と共に起き、日が暮れると休むという生活が当たり前だったのでしょう。

夜も、天気の悪い日も明るい現代では、
太陽のありがたさを、忘れがちですね。

また、電気のせいで、眠るタイミングもずれてしまい
不眠に悩む人が多いようです。

太陽を意識して、
昼間明るいうちに仕事を終わらせ
日が暮れたら、灯は間接照明にして落し気味にして過ごす
という暮らしを心がけてみてはいかがでしょうか?

電気があると、時間は無限にあるかのように勘違いしがちですけど
昼間の明るい時間にがんばって、働き
夜はゆっくり休むために、暗いのだと思います。