暮らし

秋になるとベランダの洗濯物に茶色いテントウ虫みたいな虫がつく

秋口になると、外干し洗濯物に虫が付きます。
虫がつくようになったのは、今の家に引っ越してからです。
山が近く、緑が多いからでしょうかね?

形と大きさはテントウ虫で、色は焦げ茶
水玉の無い、焦げ茶色のテントウ虫ってかんじの虫です。

虫の正体を調べると、
丸カメムシってやつっぽいです。

網戸にくっついてたマルカメムシ ↓

最近は洗濯物の外干しは控えていますが、
大きいシーツや毛布など、外に干したい時もありますが、
虫やほこりが付くのが心配で、なかなか外干しできません。

カメムシの他にも、虫の脅威はあります。

せっかく洗った洗濯物を虫で汚されたくありません。

 

マルカメムシ データ

・大きさ 5-5.5mm
・時期 4-10月
・分布 本州・四国・九州
・特徴 臭いにおいを出す

 

なぜ秋になるとカメムシが洗濯物につくの?

気温が下がる秋口、
カメムシは暖かな場所をもとめて、洗濯物に飛んでくるそう。
カメムシは寒さに弱く、越冬する場所を探しているらしいです。

お日様で、ほどよく暖まった洗濯物は、
カメムシにとって居心地がいいのでしょうね。
日向ぼっこをしているイメージでしょうかね。
きっと、”あ~、暖かくって気持ちいい”と感じているのでしょうね。

 

 

カメムシが洗濯物についているのを発見したら?


そんなときは、むやみに手でさわらないで、
ガムテープでそっと取り除きます。

紙よりも布製のほうがいいそうです。
ガムテープがなければ、セロハンテープでも代用できます。

薄い色の洗濯物についたカメムシは、すぐに分かりますが、
濃い色の洗濯物につくと、保護色になって分かりにくいので注意が必要です。

間違って家の中に入れてしまうと、あとあと大変です。

 

 

まとめ

昔は、洗濯物は外干しが当たり前でした。
太陽と風にあてて、カラッと乾いた洗濯物は気持ちいいですよね。

でも最近は、花粉やほこり、虫の問題もあり、
我が家では、ほとんど部屋干ししています。

日当たりのいい部屋を、洗濯物干し部屋として使っていますから、
特に部屋干しの臭いも気にならず、問題なく部屋干しを続けています。

部屋干しになれたら、
急な雨で洗濯物を濡らすこともなく、
上の階から降ってくるほこりにおびえることもなく、
虫や鳥の被害にあうこともなく、
快適です。

布団も、窓越しの太陽でじゅうぶんふかふかになります。

 

時短にもなる洗濯ものの楽な干し方体調が悪かったり、手足に痛みがあったりすると毎日の洗濯もたいへんですよね。 出来れば、あまり身体に負担をかけたくないですよね。 そこ...