暮らし

【ウクライナ危機2022】ロシアによるウクライナ侵攻の本当の理由は?

なぜ戦争が始まってしまったのか?
報道だけではよく分からなかったので、自分なりに調べてみました。

テレビや新聞の報道だけを見ていると、
一方的に「ロシアが悪い!」と言っています。
ロシアも何の理由もなくウクライナに攻撃をしているとは思えません。
もちろん武力で抑え込み、
罪のない一般人が巻き込まれる戦争は悪い事ですが、
なぜ、こういう事態になってしまったのか?

その裏には、
ウクライナに潜むネオナチの存在、
ロシアを標的とするネオコン(米国)など
複雑な問題が絡み合っているようなんです。
ネオコンも、ネオナチも簡単に言うと、
暴力的な過激集団とも言えるようです。

巻き込まれてしまったウクライナの一般市民は本当に気の毒ですが、
現ウクライナ政権にも問題ありのようです。

マスコミの、ロシアが悪い一辺倒ではなく、
私が調べたことをまとめました。

ネオナチ(ネオナチズム)とは?
ナチスの思想を信奉する人物・団体が行う政治運動のことを指す。
他民族を迫害し、残虐な行為を行う思想・団体
(ウクライナに住む他民族とは、ロシア人のこと)

ネオコンとは?
政治イデオロギーの1つで、
自由主義や民主主義を重視してアメリカの国益や実益よりも
思想と理想を優先し、武力介入も辞さない思想。
DS(米国闇の政府)の軍事部隊との表現もある

 

マスコミ的 ロシア×ウクライナ報道

テレビや新聞では、
一方的にロシアのプーチン大統領が悪くて、
ウクライナのゼレンスキー大統領は立派だ

アメリカやヨーロッパの国々も
”ロシアが悪い”
”ロシアに制裁だ~!”

世界の世論もロシアが悪い

日本も態度で示して!
と、だんだん全世界を巻き込んでいます。

 

ウクライナに非はないの?

アメリカの関与で核兵器や生物兵器などの大量破壊兵器の開発をしていた

ウクライナの軍事拡大には、アメリカが関与していて、
資金や軍事技術を提供していたようです。
そのなかには、核兵器や生物兵器の開発も含まれていて、
ロシアにとっては、とても大きな脅威になります。

●ウクライナにあるバイオ研究所は、
アメリカが資金提供をしていて、致命的なウイルス兵器の研究をしている。
≫ウクライナでの生物兵器開発疑惑、米は説明すべき <ロイター 2022/3/10>

●「なぜアメリカはウクライナを生物爆弾にするのか?」
”2014年から17年にかけてウクライナに建設された研究所について書かれている。
そこではアメリカ人だけが働いていて、ペンタゴンが資金を提供している。”
バイオ研究所の周辺住民は、実際に健康被害を受けていたようです↓
≫ウクライナの米国のバイオ研究所。致命的なウイルスと住民への脅威

 

■ロシアがウクライナ国内で米国ラボ発見した事を発表‼︎
6:58~

<概要>ーーーーーーーーーーーーーーー
ウクライナ国内にバイオ研究所があることが確定しました。
アメリカペンタゴンの内部文書(ハッキングで明らかになった)が出てきて、
ロシア国防省もそれを見つけたと発表。
2月24日(ロシアが侵攻した日)その施設の破壊命令も出されていた。
ペンタゴンが証拠隠滅を指示していたとの証拠も明らかになった。
ロシア側は、バイオ研究所の生物リストも発表している。
それは、アメリカのペンタゴンが、それらの研究所に寄付していたことがはっきりしました。
<概要終わり>ーーーーーーーーーーーーー

 

ウクライナ在住のロシア市民の虐殺が続いている

ウクライナ在住のロシア系住民が虐殺の被害にあっています。
東ウクライナのドンパスでは多くのロシア人が住んでいましたが、
ウクライナ人によって虐殺されてきました。
確認されているだけでも、1万4千人以上が被害を受けています。

ロシア市民の虐殺が続いた事から、
このままロシアが放置していたら、これら地区のロシア人が皆殺しになってしまうと
いう理由もあると思われます。

 

この戦争を終わらせるには?

ロシア側の要求

①ウクライナの「非武装化」
②ウクライナ東部の親ロ派の独立承認

“ロシア軍はウクライナの非武装化と非ナチ化のために戦っている”

分かりやすく言うと、
①アメリカ主導で、ロシアへの攻撃準備を整えるのを止めろ!
②ネオナチによるウクライナ東部のロシア人への虐殺行為を止めろ!
ということですね。

プーチン大統領の発言
・自国の安全を確保するためには「選択の余地がなかった」
・ロシアがこの先存続出来るのか分からない危険にさらされていた
と発言

ロシア側の要求をのみ、
ウクライナ側が応戦を止めれば、
民間人が犠牲にならなくてもすむと考えられますが、
ウクライナの背後にある組織がそれを許さないのかもしれません。

また 近隣諸国が行っているウクライナへの武器提供を行うことは、
この戦争を長引かせるだけだと思われます。

第2次世界大戦終戦直前の日本のように、
圧倒的な軍事差があるのに、いつまでも抵抗を
続けていると、原爆投下のような悲惨な状況になるかもしれません。

 

ロシアとウクライナの兵力差

ウクライナ ロシア
総兵力 26万人 90万人
予備役 90万人 200万人
軍事費 約59億ドル 約617億ドル
戦闘・攻撃機 約100機 約1500機
戦車 約2000両 約1万2400両
艦艇・潜水艦 約25隻 約600隻

≫読売新聞オンライン ロシアの戦力はウクライナを圧倒している

 

ウクライナの戦力

・東部ドニプロで女性たちが火炎ビンを手作り(BBCニュース)
・軍事経験のある受刑者を釈放し、前線に配置
・国民総動員令で、18歳~60歳までの男性市民を出国禁止にして、
90日以内に戦争に動員させる
・世界各国から義勇兵を募集している

ウクライナには、謎の武装集団が集まっていて、
ヤバイ武装集団をシリアからウクライナに派遣しているという話もあります。

国民総動員令

ウクライナメディアなどによると、ゼレンスキー大統領は24日、国民総動員令に署名した。同時に18歳から60歳の男性市民のウクライナからの出国を全面的に禁止し、政令の発効から90日以内に動員を実施するという。

<引用> テレ朝ニュース ウクライナに国民総動員令 ロシアの攻撃受け 2022/2/25

”国民総動員令”とかまるで人権などないですね。
国民の一般男性には避難を禁じ、
何の戦争経験も知識もない一般国民を戦場に駆り出すのです。
まるで、赤紙1枚で戦争に駆り出される戦時中の日本のようです。

 

ウクライナの「ネオナチ」は、民間人を”人間の盾”にしている

ウクライナの「ネオナチ」は「民間人を『人間の盾』にしている

ウクライナに侵攻するロシアのプーチン大統領は3日のロシアの安全保障会議で、
ウクライナ側が「住宅街に重火器を配備し、民間人を『人間の盾』にしている」と非難した。同日のマクロン仏大統領との電話協議では、ロシア軍が「軍事施設だけ」を狙っているとも強調。
相次ぐ市民の犠牲については、ウクライナ側に責任があるとの考えを示した。

プーチン氏は安全保障会議で「我々はまさにネオナチと戦っている」と述べ、ウクライナ政府側をネオナチ扱いした。
そのうえでウクライナ側が「幼稚園や病院にも戦車・大砲を配置している」との持論を展開し、ロシア軍はウクライナの非武装化と非ナチ化のために戦っていると主張した。

 一方、仏露の両大統領府によると、約1時間半に及んだ3日の電話協議の際、マクロン氏はこうした「ウクライナのナチズム」について、「現実には存在せず、攻撃を正当化できるものではない」とプーチン氏に反論した。

一方、プーチン氏は「(ウクライナの首都)キエフや他の都市にミサイル攻撃や空爆をしたとの主張は現実と一致しない。偽情報だ」と述べたうえで、ウクライナが非武装化や中立化に応じない場合は、ロシア側が「軍事的手段で達成する」と明かしたという。

<引用>毎日新聞 2022/3/4

ロシア側は、軍事施設のみを攻撃目標としているようですが、
ウクライナ側は、高射砲をマンションの庭などに設置して
ロシア軍に対して攻撃しているようです。
マンションの横だと、ロシア軍は非常に攻撃しにくい
攻撃すれば、マンションに住んでいる一般国民も、
多くの犠牲が出ます。
当然、報道では民間人が被害に合っているということになります。
≫<ユーチューブ>プーチンはDSにトドメを刺すまで戦争をやめない!

 

ウクライナのことを調べていると、
ネオナチ、アゾフ軍隊という言葉がでてきます。
私は、初めて聞いた言葉なのですが、
これは、そうとうヤバイ連中の集まりのようなんです。

 

ウクライナのネオナチの最大がアゾフ連隊

アゾフ連隊


≫ツイッター ”アゾフ軍隊”

アゾフ連帯とは?
・アゾフ連隊は、ウクライナ内務省管轄の準軍事組織である国家親衛隊に所属する部隊である
もとはアゾフ大隊であったが、後に連隊に昇格した。
<ウィキペディアより>

 

ウクライナの軍隊の一部が、過激な思想のアゾフ連隊であり、
ロシア系ウクライナ人に対して、暴力、虐待、リンチ、などひどいことを
繰り返していたという事実があるそうです。

プーチン大統領は、そんな非道な行為を許せなかったのもあると思います。

 

政府の中枢にはネオナチがいる

2014年オデッサでのロシア系住民の虐殺事件


【緊急配信!『本当は何が起こっているのか!?ウクライナ危機 現地”生”情報から分析する!』ゲスト:危機管理コンサルタント 丸谷元人氏】

”ロシア系住民を1か所に集めて、
建物に火を放って、生きたまま50人ほど焼き殺した。
警察は来ない、目の前にある消防署は反応しない。
それを行ったネオナチのトップとゼレンスキー大統領はすごく仲がいい
プーチンとしては、ロシア系住民をなんとかしないといけない
という思いもあった。”

■ウクライナ・オデッサの悲劇【日本語字幕】【閲覧注意】【年齢制限】

↑オデッサの悲劇ドキュメンタリー映像と、生き残った人の証言です。
かなり暴力的なシーンや黒焦げ死体など、
こんなに酷いことが出来るのかとネオナチの狂気性に恐怖を感じます。
これは、2014年の出来事ですが、
警察も動かない、燃えているのに消防も来ない
広くニュースにもならないことに闇深さを感じます。

血と炎の金曜日、オデッサの惨劇
事件の発端は2014年5月2日、オデッサ市内で起きた。親欧米派のデモ隊と、ロシア系住民とのあいだの衝突だった。この衝突では、石や火炎瓶が投げられ、少なくとも4人が死亡した。さらに、親ロシア派住民が立てこもった労働組合の建物が放火され、46人が死亡、200人以上が負傷した。イタルタス通信やロシア・トゥデイは、この放火がウクライナ民族主義の過激派右派セクターによるものだと伝えている。

 

自国民の虐殺を許すウクライナ政府と、世界の恐るべき沈黙

オデッサの惨劇は、ウクライナの国民が同じウクライナの国民を焼き殺したという事件だ。

しかし、世界の反応は恐ろしいほど鈍かった。
米国とヨーロッパ諸国は、オデッサの蛮行を非難するよりも、ロシアがウクライナの親ロシア派住民を支援していると非難することに熱心だった。

純然たる犯罪であり、当然、犯人は厳重に処罰されなくてはいけない。しかし犯行グループの一部に右派セクターが加わっていると世界中に報じられているのに、右派セクターのメンバーが閣僚の一角をになっているウクライナ暫定政権には、真剣な捜査に乗り出す気配がまるでない。

<引用>オデッサの「惨劇」、緊迫続くウクライナ東部 米国はウクライナを「戦場」にするのか 2015.5

これでは、ロシアが「我々はまさにネオナチと戦っている」と主張したところで、
無視される背景がこの事件でも分ります。

 

プーチン氏は安全保障会議で「我々はまさにネオナチと戦っている」と述べ、ウクライナ政府側をネオナチ扱いした。そのうえでウクライナ側が「幼稚園や病院にも戦車・大砲を配置している」との持論を展開し、ロシア軍はウクライナの非武装化と非ナチ化のために戦っていると主張した。

マクロン氏はこうした「ウクライナのナチズム」について、
「現実には存在せず、攻撃を正当化できるものではない」とプーチン氏に反論した。

<引用 毎日新聞 2022/3/4 「ネオナチ」「民間人を『人間の盾』に」 プーチン氏強硬姿勢崩さず>

 

ウクライナのジェレンスキー大統領はとっくに逃亡している?


<引用>「最後まで戦う」ウクライナ大統領 英議会で演説(2022年3月9日)

ジェレンスキー大統領は「もう逃げてますよ」とウクライナ議員暴露

■ゼレンスキーが国外に避難済みとウクライナ議員が暴露‼︎

8:45分~
<概要>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ウクライナの議員”イリア・キバ”さんという方の発言で

先週のロシアの軍事作戦に続いて
緊急にキエフを離れてポーランドに向かったということを言ってます。
現状ウクライナにはいません。
ポーランドの首都ワルシャワにあるアメリカ大使館に隠れていると主張しました。

スプートニクの報道によると、
これは、彼が何千人もの人命を犠牲にする非常識な命令をしている間、
彼はウクライナ人と民間人を利用し続けるように設定されている。

公開されたビデオメッセージは、
ウクライナの中で捕られているのではなくて、
ポーランドから撮られているのかどうかはわかりませんけど、
議員たちが今は発言しだしています。

この記事が本当だったら、けっこう大変なことだと思います。
逃げているどうこうではなくて、
逃げていないふうにゼレンスキーさんは言っているので、
それはどうなんですか?となってきますので。

オールドメディア(あっち側)が
いろんな操作をしてくるっていう証拠になるかもしれませんね。
<概要終わり>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<引用>「最後まで戦う」ウクライナ大統領 英議会で演説(2022年3月9日)

国民総動員令を出して、
一般国民には国外脱出を禁じておきながら、
自分は、さっさと逃亡って・・・?

一方、ゼレンスキー大統領は、逃亡はデマだとして、
自ら撮った国内にいる動画を流していますが、
どっちが本当なんでしょうね?

ジェレンスキー大統領 ”ココにいる”は、全て自撮り

”私はここ(ウクライナ)にいます”と強く強調するのは、
”本当はいません”と言っているようなものでは?
いずれも、自撮り写真で、一人の映像が多いです。
1つだけ、バックに数人いる映像がありました。
国のトップが自撮り写真というのは考えにくいです。
バックの建物や人物はいくらでも加工できます。

<引用>FNNプライムオンライン 自撮り動画で「キエフにいる」

本当にウクライナにいるのなら、
1日の行動を誰かに撮らせればいいのでは?
そこに映り込む風景や周りの人達が証明になるでしょう。

 

ウクライナ攻撃報道にフェイク映像が多すぎる

ウクライナ攻撃のニュース映像に誤情報が多すぎると、問題になっています。

報道 実際は?
ロシアの空挺部隊がキエフを襲撃。その直前の映像 5日前にTikTokにアップされたもの
キエフ上空を飛ぶロシア軍の戦闘機 実際は2020年にモスクワで撮影されたとする軍事パレードの動画に、サイレンを組み合わせたものとみられる
ウクライナの爆発 実際は7年前に中国・天津で起きた爆発
ウクライナに降り立つロシアのパラシュート部隊 遅くとも2016年にTwitterに投稿されていた
速報:ロシアがウクライナを侵略 実際はロシアのゲーム「War Thunder」の一場面

≫【動画】これ、全部フェイクです。ロシアのウクライナ侵攻めぐる誤情報にご注意を!

 

戦闘映像に写り込んでいたスターウォーズのストームトルーパー兵士

一部の戦闘シーンや爆破の映像の一部は作られたものだという疑惑があり、
その中で、スターウォーズの1シーンが使われていたという情報があります。

イスラエルテレビは、
ロシア
ウクライナ侵攻映像にスターウォーズ映像を使っていました


≫ツイッター”ウクライナ スターウォーズ” 

 

「ライブ中継中にウクライナ人の遺体が動いた」


動画の拡散が始まったのは、3月1日ごろから。
「西側からのプロパガンダ」
「奇跡!ライブ中継中にSNSで死亡したウクライナ人が生き返った」
「 PR戦略は大失敗、急速に崩壊」などという英文のツイートとともに広がったものは、13万回以上再生されている。
もともとはオーストリアのニュースチャンネル「OE24」が2月4日、同国のウィーンで開かれた気候変動対策への抗議活動を取材した様子の動画だ。

ウクライナ情勢をめぐってはプロパガンダや情報戦の存在も指摘されています。
≫BuzzFeed

プロパガンダとは?
・プロパガンダ(propaganda)は「宣伝行為」という意味の言葉です。
・例えば、政府が戦争を行うために国民の危機感を煽る宣伝行為などが「プロパガンダ」です。
・プロパガンダの代表的な方法としては情報操作があります。
自分たちにとって都合が悪い情報を隠すために報道を規制する、というようなことです。
・「プロパガンダ」には「大衆操作」や「洗脳」というニュアンスが含まれるため、良い意味では使われません。
<引用>意味解説ブログ

イスラエル民間人のおばあさんが銃の訓練を受けていた映像も違和感がありますし、
女性たちが火炎瓶を作っている映像も、
みんなマスクをしていないのは変だとの指摘もありました。
コロナはどこにいったんだ~!と・・・
ちなみに、ウクライナのコロナ感染者数は0になりました。
(2022年3月9日現在のコロナ感染者数)
まぁ、戦争で検査どころではなくなったのかもしれませんが・・・
戦争が始まると、コロナも簡単に終わるんですね。

日本のニュース映像では、
町が爆破されて、民間人が犠牲になっている報道がよくなされています。
テレビだけを見ていると、
”ウクライナ人がかわいそう、ロシア人はなんてひどいことをするんだ。”
なりますが、実際のところどこまでが真実なのか分からないですね。

コロナの時もそうでしたが、
新聞やテレビの情報だけを鵜呑みにしないて、
何をどう信じるのかは、自分で調べて、
自分で判断しないといけない時代になってきているようです。

【オールドメディア】新聞、雑誌、テレビ、ラジオのような相対的に古くからあるマスメディアを総称する言い方。

【ニューメディア】インターネットをはじめとする比較的新しい情報媒体。

 

まとめ

今回自分でいろいろと調べてみて、マスコミでは報道されないけど、
ネオナチ、ネオコンなどのとても怖い組織の存在を知りました。

プーチン大統領が「我々はまさにネオナチと戦っている」と主張したところで、
誰も信じなければ、一方的にロシアが悪いとなります。
しかし、ウクライナで実際に起こった事件(オデッサの大虐殺)や、
ウクライナに在住していた人の話からも、ネオナチの存在は明らかなようです。

ロシア側の主張では、ウクライナ兵は、
ウクライナの一般市民を人間の盾にしていると言っていますが、
ネオナチやアゾフ軍隊ならやりかねないと察します。

ネオナチやネオコンは、とっても危険な組織なので、
誰もが怖くて簡単に関われないと思うのですが、
プーチン大統領は、その怖い組織を排除しようとしています。

ウクライナ国内の内部事情や、
今の時代に、ロシア人大虐殺なんて全く知りませんでした。
ネオナチ、アゾフ軍隊のような過激な組織の排除は正当な事だと思います。
ただ、何とかウクライナの一般市民の犠牲は避けられないものでしょうか?

この戦争が長引けば、世界への影響、
そして、日本への影響も避けられません。
原油も物価も上がり続け、生活も苦しくなります。
輸入に頼る日本の食料も心配ですし、
最悪、日本も戦争に巻き込まれるかもしれません。

この戦争が何とか早く終わるように、
そして、ウクライナの一般市民の人々にひどい被害が及ばないようにと
祈るばかりです。

【ウクライナ危機2022-②】何が本当で何が嘘か分からない?TVは嘘? ウクライナ情勢では、日本の報道はかなり偏りがあって、どこまで本当のことを言っているのか分かりません。 一方的にウクライナがかわいそ...

 

コロナが長期化すると食料自給率が低い日本の食料は大丈夫か心配今回のコロナ騒動で、まずマスクや消毒液が消え スーパーの棚からは、一時的にトイレットペーパーが消え 米が品薄になったこともありました...