生きる

【ウクライナ危機2022-⑤】日本参戦(ウクライナに武器供与は参戦と同じ)

ツイッターで、日本が参戦
第3次世界大戦
国民が知らないうちに参戦していた!
というツイートがあがっています。

でも、ニュースではそんな報道はいっさいないんですよね。
ことの真相は、ウクライナへの武器供与が参戦したこととみなされるとされること。
知らなかったでは済まされませんよ。

さらに、ウクライナへの支援物資の輸送に使われたのが、
単なる自衛隊の輸送機ではなくて、
空中給油できるタイプの航空機が使われていて
それが、実際に戦争で空中給油機として使われていて、
(しかもこっそりと)
もう、戦争に参加しちゃっているという指摘をしている人がいるんです。
その人の動画の内容を文字に起こしてみました。

この人は、今回の戦争の経緯を
すごく分かりやすく説明して下さっています。
(ロシアが一方的に悪いんじゃないという)

こういう日本政府の行いが
日本国民をすごく危機に追い込むことにつながると思います。

 

日本はもう参戦してしまった

日本はウクライナに武器供与をして参戦してしまった
ー石濱哲信(元海上自衛隊幹部)ー

<文字起こし開始 <20:50~>>ーーーーーー

ウクライナへの武器供与をやったんですが、
最初のニュースを見てびっくりしました。
第1便の

武器を直接持っていくってことは
戦争に参加したってことです。
ところが何の前触れもなく
ロシアに敵対行動をしたわけですから
これは戦時国際法で
もっともやってはいけない重罪なんです。
それを自衛隊がやったんです。

さらにこの飛行機を見て下さい

普通は航空自衛隊に
米子にあります輸送航空団といって
荷物とか人員を輸送するC2という飛行機があるんですが
これはC2ではありません。

これはKC767というボーイング767を軍事用に改良した
空中給油機なんです。
何で空中給油機で、
これ誰もいいませんね、
私だけ 今言っています。

ドイツとか、フランスから
あそこ(ウクライナ?)に行くまで千何キロあります。

戦闘機が爆撃機が、全部爆装して
全部燃料を満タンにしたら
重すぎて離陸できない

だから軽い燃料で上がって
空中で給油するんですよ
それ、やったんじゃないの?って

軍事評論家誰もいいません
私はやったと思いますよ
でなければ、これで運ぶ必要ないんですから

だってこれにあるんですよ。
これは、空中給油やっている姿です
基盤は一緒ですからねこれ
見て下さい

そして、本来であれば
これで運ぶんです C2で
今C2で2便、3便運んでいますよ
武器を運んでいます

戦後誰もやったことないですよ。
我々(国民)に断りなしにやっているんです。

 

ロシア侵攻の理由

ですからね、ロシアの主張というのは
ロシアの安全保障上の脅威であると
いうことを、(ロシア政府は)前から言っているわけです

ですから非軍事化と、非ナチス化
そういうアゾフ軍団という暴力集団で虐殺している
そういうものを解散させろ

実はですね
私は直接確認したわけではないんですが
ゼレンスキーというのはですね
役者で芸人ですから
政治経験はもちろんないし
立候補した時にですね
政策というのをひとつも打ち出しておりません

何で大統領になれたんですか?
でも大統領になって、こういうマフィア集団、人殺し集団がいるのを
解散しろとロシアが言っているからと
見に行ったら、本当にいたわけですよね、自分の国に

そこで、これはダメだろ、止めろって言ったらしんですよ
(ゼレンスキーが)
そしたら、笑われたらしい
お前、何言ってるんだ、バカもんって
そしたら笑われたものだから
「オレ 大統領だぞ」って言ったらね
思い切りぶち殴られたらしいです
「お前 俺たちにやとわれた大統領」だって
それから静かになっちゃったんですよ

それで自分もアゾフ軍団に入っちゃっているわけですよ

それでそのアゾフ軍団を
私営ですよ、私(わたくし)のやった勝手にやったヤクザ集団、人殺し集団
世界から集めた人殺し集団を
今は政府の、正式な親衛隊にしているんです。

調べて下さい親衛隊になってますから
それが現状なんですよ
<文字起こし終了>ーーーーーー

≫なかのひとのアンテナ!「石濱哲信」 vol.2

 

レンスキーの本当の姿

<17:00~>

これは、自分でハーケンクロイツのシャツを持っているんですよ
ドイツのヒットラーと同じ
ゼレンスキーって書いてあるでしょ
このシャツを着るんですよ

その隣にあるのが
今のアゾフ連隊(大隊)といわれているんですけども
アゾフ連隊の旗です
ドイツの旗です
要するに皆殺しにしながら全部奪っていくという
これがゼレンスキーの本当の姿です

じゃあ、ゼレンスキーって本当はそんなに力はないんです
あいつは役者だから、何でもいうこと聞くんです

≫なかのひとのアンテナ!「石濱哲信」 vol.2

 

石濱哲信氏ってどんな人?

この動画の解説者の方
すごく軍事法とか戦闘機に詳しいようなんですけど、
それもそのはず、元海上自衛隊幹部だということですよ。
・元海上自衛隊大型対潜哨戒ヘリ機長
・日本安全対策推進機構代表(※1)
・日本の現状を憂いて世直しを目指しています
※1)日本安全対策推進機の設立趣旨
日本国民が未来の世代まで安心・安全に暮らせる社会の実現と、真の国際平和の達成に寄与することを目的に、一般社団法人日本安全対策推進機構を設立​

≫日本再生

 

 

日本には武器輸出をしてはいけない決まりがある

日本には、武器を輸出してはいけないという決まりがあります。

ウクライナは、日本政府に対して
・対戦車兵器
・対空ミサイルシステム
・弾薬
・電子戦システム
・レーダー
・通信情報システ
・無人航空機
・防弾チョッキ、ヘルメット
と、これだけのものをくれと言ってきたそうです。
(あつかましい)

規則を捻じ曲げてまでも何とか、
第1便で防弾チョッキと、ヘルメットを送ったあと、

新たにもっとくれと要望してきて、
この中には、戦闘用ナイフや銃の照準器なども含まれ、
ウクライナは、殺傷能力のある武器をもっとくれと要求してきたようです。

防衛装備移転三原則とは?
日本国政府が採る武器輸出規制および運用面の原則のこと

 

日本は前触れもなく、ウクライナへ武器供与を行いました。
それは戦時国際法違反で、参戦している事と同じなのだそうです。

よって、今日本は参戦真っ只中です。
そして日本にミサイルを撃たれても、
ロシアからすればスジの通った話になるのだそうです。
そういう状況を誰も理解していないのが怖いです。
日本政府の行動が、国民を窮地に陥れるかもしれないのです。

 

日本が戦争に巻き込まれて大変なことになるかもしれない

岸田政権は、ロシアに対していろいろ制裁をやっていますが、
今回新たに、ロシア外交官の追放や、ロシア産石炭の輸入禁止措置などを
行いましたが、
それってさらにロシアに敵対して、さらに状況を悪化し、
電力不足という形で自国民の首を絞めることになりませんか?

ロシア外交官8人追放


日本は、ロシアに対してどんどんエスカレートしてきています。
日本政府は、今回のブチャの大虐殺の件を受けて
・外交官8人の追放
・ロシアからの石炭輸入禁止
を決めました。

そのブチャの大虐殺は、捏造だと言われていますよ。
ブチャの次は、駅への攻撃捏造ですよ。

これで、夏場の電力不足は確定ですね。
計画停電
ヘタしたら突然のブラックアウトもあるかもしれません。

2019年の石炭輸入先の約10%がロシアで、
他の国から輸入すると言っても他の国もかなり価格が上がるでしょう。
国民は高い電気代を支払うことになるでしょう。

それとも、原発どんどん再開するんでしょうかね?

 

ロシア外務省報道官 日本報復措置を断言

これに対してロシア側は、日本に対して報復をするようです。
その内容はまだ明らかにされていませんが、
日本が攻撃される可能性もあるのでしょうか?

少なくとも、光熱費や食料の高騰で、
生活が苦しくなることだけは、確定でしょう。
ロシアからの肥料が途絶えることによる
食料危機も現実味が増してきたんではないでしょうか?

ロシア外務省のザハロワ情報局長は6日の定例会見で、
日本の反露的行動に対抗措置を取るべく内容を検討していると述べた。
ウクライナ侵攻を受けた日本の対露制裁への報復を指しているとみられるが、
内容は明らかにしなかった。

ザハロワ氏はまた、日本の現政権は「長年かけて築かれてきた両国間の協力関係を破壊している」とも述べ、ウクライナに侵攻したロシアを批判する岸田文雄政権の対応に強い不満を示した。

ザハロワ氏は、岸田政権が「日本社会で反ロシアのヒステリーを高めている」と指摘。「海外からの指示に従順に従っている」とも述べ、欧米の制裁に同調する日本側の対応をやゆした。

ロシア外務省は3月、日本が対露制裁に加わったことに反発し、北方領土問題を含む日本との平和条約締結交渉を中断すると発表。北方領土へのビザなし交流停止や北方四島での共同経済活動からも撤退すると表明した。(共同)

≫2022/4/7  産経ニュース

 

 

政府は、日本国民よりもウクライナのほうが大事!

ウクライナの人々を助けられるなら、
ロシアからの石炭不足で、日本国民が電力不足で停電になっても、
ロシアからの食料(そばや海産物など)が、入ってこなくて困ろうと、
ロシアからの肥料不足で食べ物が作れなくなり餓死しようと
かまいません。

政府は、日本国民よりも、ウクライナが大事です。
ウクライナのために、日本国民は苦しんで下さい。

日本のトップならば、
まず自国民のことを第一に考えるべきでしょう。
日本政府の行ったことが、どんな形で国民に返ってくるのか
先のことも少しは読んで下さい。

それとも、何でもアメリカの言いなりになるしかない理由があるのですか?

 

まとめ

日本はもうすでに武器供与という形で
戦争に参加していた!という衝撃の事実がありました。
さらに、空中給油という実戦にも参加していた可能性もあります。

法律上は、参戦するときは一言、参戦しますって言ってから
参戦しないといけない決まりになっているそうなんですけど、
日本は秘密裏にこっそりやってしまった!
それは、大きな問題なんだそうですよ。

ロシアに攻撃されても文句は言えない立場になったということです。

本当の事実も知らないで、
マスコミを信用して、ロシア憎しって思っていると
自分たち(日本国民)が悲惨なことになってしまいますよ。

わざと残酷で悲惨な映像を見せるニュース報道が、
ロシアを憎む気持ちに火を点けて
第3次世界大戦に繋がるということを
報道関係者はもっと自覚するべきです。

この動画を見て、
ウクライナ兵がウクライナ人を虐殺する理由がよくわかりました。
バックに戦争を始めたいという大きな組織がからんでいるんですね。
その組織が、殺人集団をお金で雇っている。
殺人大好きな集団が、残虐な方法でウクライナ人を殺しまくっている
それをうまくロシアのせいにする

ロシア悪と思っている人
どうしてこういう状況になったのか
自分で徹底的に調べてみませんか?
きっと、真実にたどり着くはずです。

一人でも多くの人が真実にたどり着いて
日本が、世界が、
悲惨な状況になるのを食い止めることができるよう
願ってやみません。

【ウクライナ危機2022-③】ウクライナ軍によるロシア系住民への大虐殺ロシアがウクライナに侵攻した理由の一つに、 ウクライナに住むロシア系住民のジェノサイド(民族大虐殺)を 止めるというものがありました...