冬の朝、1杯の味噌汁はホッする(1杯分でも美味しいみそ汁)

朝のみそ汁は、食欲がないときでも美味しく感じて
身体が目覚める気がします。
とくに、寒い冬の朝に飲むみそ汁は身体を温めてくれます。
日本古来の発酵食品である味噌は、身体にとてもいいと言われています。

でも、一人分の味噌汁を作るのって、なかなか面倒で難しいんですよね。
そんなとき、まとめて作って、1杯分づつ冷凍保存しておけば、
毎日おいしいみそ汁が飲めます。

 

出汁は天然の出汁が美味しいです。
煮干しや、かつお節、しいたけなど、その時々によって違いますが、
いちばん簡単なのは、天然だしのパックです。
添加物や塩分の心配もないし、
手軽に美味しい出汁がとれます。



具無しのみそ汁を、1週間分作って

1杯分づつ容器に入れます。
容器は、ご飯の冷凍用のタッパですが、
あまりご飯の冷凍をしなくなったので、
今は冷凍用みそ汁の容器として使っています。

蓋をして、

冷めたら冷凍室で保存します。

前日の夜に冷蔵庫に移しておくと、翌朝には液体になっています。



朝、その日の気分で具を決めます。
豆腐、乾燥わかめ、薄揚げ(刻んで冷凍している)
自家製冷凍野菜(小松菜、白菜、キャベツなど)
すぐに具材になるものを入れて、
温めるだけで、出汁のきいた美味しいみそ汁が飲めます。

温める時は、レンジよりも、鍋で温めたほうが美味しく感じられます。

 

冷凍みそ汁がいつも常備してあると、
体調が悪くて、何も作れない時にも助かります。

 

みその効用に関する研究や論文

①みそは、がんのリスクを下げる

②みそは生活習慣病のリスクを下げる
・みそは脳卒中、痴呆症、心臓疾患などの発症を低下させる
・みそ汁のある食事パターンが骨粗鬆症に効果
・糖尿病の改善が期待される

③みそは老化を防止する

④その他の研究
・みそには血圧低下作用をもつ物質がある
・みそには美白効果がある
・みそには血中コレステロールの上昇を抑える効果がある
・みそが胃がんのリスクを下げる
・毎日みそ汁を飲んでいると乳がんになりにくい
・みそを食べると老化を抑える
・みそ汁が血圧の上昇を抑える
・骨粗鬆症(こつそしょうしょう)対策にはみそ汁がよい
・みそは食中毒菌を抑える作用がある 

 

みそ汁で、病気のリスクを減らして、
少しでも健康度をあげましょう!

 

 

レンチンの冷凍ご飯が美味しくない時は+鍋蒸しでふっくら炊き立てにご飯を冷凍しておくと、 ちょっとご飯が足りない時に便利なんですけど、 水分の抜けた冷凍ご飯は、パサパサして、 レンジで温めても...