コロナ

【コロナワクチン】接種が進んでいる国はどうなってるの?集団免疫は?

日本でも、今ワクチン接種が進んでいます。

接種を受けている人は、
”もうこれでコロナに感染する心配がない”とか、
”これでパンデミックが収束する”と信じて
接種を受けていると思いますが、
ワクチン接種後に、
本当に感染リスクは減るのでしょうか?
パンデミックは収束するのでしょうか?

実際に接種が進んでいる
接種率50%以上の国の状況を調べてみました。

感染が落ちついている国もあれば、
再び感染が広がっている国、
それぞれの国で異なります。

ワクチン接種が進んでも、
パンデミックは終わらないという
悲観的な説もあります。

 

ワクチン接種率が高い国の現状

ワクチン接種が進んでいる国、
あまり進んでいない国、
国それぞれの事情があります。

日本も、やっきになってワクチン接種を進めています。
ワクチン接種が進めば、本当にパンデミックは終わるのでしょうか?

ワクチン接種が進んでいる国
ワクチン接種率と感染状況 2021/6/10現在

1回以上接種 必要回数接種
完了
新たな感染者数 死亡数
カナダ 63.9% 9.9% 1,479 30
イスラエル 60.5% 56.8% 45 10
イギリス 61.7% 43.8% 7,232 7
アメリカ 52.5% 43.1% 14,022 415
チリ 60.8% 45.9% 7,708 198
バーレーン 62.0% 51.9% 1,034 17
モンゴル 58.5% 50.3% 1,460 10

 

ワクチン接種後 感染減少国 ↓


接種が進んでいる国では、いったんは感染者が減りましたが、
しかし、変異株の影響で、また徐々に増えていっています。

イギリスは、再び感染増加中です。

アメリカは、国が広いので、
各州ごとに接種状況が違っています。
ワクチン接種が進んでいる州では、マスクをはずしたり、
行動制限を緩めたりしているようです。
また アメリカは、ワクチン接種が鈍化傾向になっているようです。

イスラエルも、減っているように見えますけど、
変異株の影響で、またじわじわと感染者が増え始めているようです。

 

ワクチン接種後 感染増加国 ↑


モンゴル、ひどくないですか?
ワクチン接種前は、感染者はほとんどいなかったのに、
ワクチン接種後、急激に感染者が増えて、
感染爆発しています。
ワクチン接種しなければ、感染者は低いままだったのでは?
ちなみに、ワクチンは、シノファーム製(中国)だということです。
さすが、中国・・・

コロナワクチン接種率が高い国で感染者・死者が急増、原因は
Forbes Japan 6/2(水) 6:00配信

 

パンデミックは終わらない?

ワクチン接種で、集団免疫を獲得すれば、
パンデミックは終わるとされていました。

でも、ここで新たな問題が出てきました。
それは、
①変異株の出現
②ワクチン接種をしない人の割合 です。

 

①変異株の出現

ワクチン接種がより強い変異株を出現させているとの指摘もあります。
変異株は、”これまでのコロナとは全く別物”という表現をされます。
特徴は、感染力の強さと症状の重さだといわれています。
これから、さらに強い変異株が出現されることが予測されます。

変異ウイルス拡大のインド「母を襲ったコロナは全然違う」

変異株「全く別のウイルス」 専門家、強力な対策要請―学会緊急シンポ

【コロナ遺伝子ワクチン】遺伝子ワクチンが本来の免疫系に影響を及ぼす?基礎疾患がある人は、コロナで重症化しやすいので、 ワクチンを打った方がいいと言われていますが、 遺伝子ワクチンが免疫力に悪い影響を与...

 

②ワクチンを接種しない人の割合

最初 国民の6割程度が、ワクチンを接種すれば、
集団免疫が獲得されるとしてきました。
でも、最近は9割が接種を完了しないと、
集団免疫が得られず、パンデミックが収束しないと言われています。

コロナ集団免疫獲得、人口9割がワクチン接種必要も=ファウチ氏

アメリカでは、最初はワクチン接種が順調に進んでいたけど、
ある時期を境に、接種が鈍化してきたそうです。

ワクチン接種が進んで、
死亡例や、酷い副反応例に怖くなったのかもしれませんし、
遺伝子ワクチンの安全性に疑問を持ったからかもしれません。
アメリカでは、3割の人がワクチン接種をしないということです。

ワクチン接種後も「自由」はなし ファウチ博士が警鐘

日本では、どうでしょう?
ワクチン接種は、始まったばかりですが、
やはり、これから死亡例が増えてくると、
接種をためらう人が多くなる可能性もあります。

 

まとめ

ワクチン接種と変異株の追いかけっこは、
どういうふうに収束していくのでしょう。

ファウチ氏は、
”変異株が拡大する前に、人口の9割がワクチンを打ち終えないといけない”と
主張しますが、

一方で、
ワクチンが変異株を作り出しているとの研究者の意見もあります。

ワクチン開発の際、
安全性を考慮して、十分な時間をかけていたなら、
こんなに早いワクチン接種はありませんでした。

そしたら、強力な変異株が出現することもなく、
自然に弱毒化して、
コロナ騒動は収まっていたかもしれません。

そして、3年後くらいに安全なワクチンが開発されて、
ワクチンで、多くの死者が出ることもなく、
急いで打つ、打たないの
選択を迫られることはなかったのかもしれません。

【コロナワクチン】良くない情報まとめ(真偽のほどは数年後に分かる)コロナワクチン 打った方がいいのか、打たない方がいいのか 迷いますよね。 よく リスクと利益を天秤にかけて決めて下さいと言いますけど...

 

コロナワクチンて本当に打っても大丈夫?賛否と接種後の副反応皆さんは、コロナワクチン打ちますか? 私も、何となく回りが打ち出したら、 不安はありながらも、自分も打つんだろうな~という感じでいま...