暮らし

【ウク危機⑩】ブチャの真相(ロシアでもない、アゾフでもない新たな証言)

ブチャ虐殺事件ですが、
ロシアがやった
いやアゾフがやったと
言い合って、
決定的な証拠に欠けるようです。

ここで、ブチャ虐殺事件の生き残りの方からの手紙が明らかになったようなので、
その内容をまとめました。

 

70~80人の囚人兵の部隊が3日間、略奪・殺人を行った

今は逃げて他の所にいるけど
ブチャに住んでいた人で、
虐殺の一部始終を見ていた人からの手紙を受け取ったという内容です。
手紙を受け取ったのはジャーナリスト篠原常一郎さんです。

70~80人の囚人兵の部隊が、3日間略奪・殺人を行った

<文字起こし開始 2:13>ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブチャから逃げた住民からの、ショッキングな手紙(人づてにメール)が届いた
これをぜひ世界に広げてくれということで、
この人の親戚経由(クリミア経由)で、手紙が届いた

現在この方は、キーウの市街地に避難している
全文がロシア語で書いている

今、約6000人が親ロシア派だとみられて、
ウクライナで逮捕されて、行方不明になっている
この行方不明事件は、日本では報道されていないがヨーロッパでは報道されている
ウクライナは言論状況がよくない

ニュース番組で出てくる人物、キーウの市長はじめ、
テレビに出てくる人物は殆ど極右の民族主義者である

人物が特定されると、逮捕されるおそれがある
名前も性も伏せなければならない
この人は家族で逃げた

この人自身が被害者でもある
隣人たちが撃ち殺されている

 

隣人たちが撃ち殺されているという手紙が複数人の手を介して届けられた
間接的にインタビューもできた

この人は、ずっとブチャに住んでいる
ブチャにマンションを購入して住んでいた

 

ロシア軍の姿を見たのは戦争が始まって2日目くらい

ロシア軍が初めてブチャに現れたのは、戦争が始まって2日目くらいには、ロシア軍の影があった
ヘリコプター部隊が入ってすぐに、空港を抑えてから
ロシアの空挺部隊が入ったため
比較的早くにキーウの西の郊外部のブチャのあたりにも入ったようです。

以後3/30までロシア軍がいて、去って行った

その間ブチャは、ウクライナ側から激しい攻撃を受けています。
ウクライナ軍の砲撃で亡くなった人がほとんど
ウクライナ軍の砲撃を受けていたので、
その地域から住民は逃げ出していて、遺体の回収もままならなかった。
3/11から遺体は転がっていた

 

3/31~4/2の3日間 武装集団が居座った

この方の住む地域は
3/30にロシア軍が、撤退した後
3/31の夕刻、ウクライナのトラック、対空車両
トラックの荷台にトラックの対空機関砲を搭載したカチャンカと呼ばれる自動対空砲が護衛した軍服を着ていない部隊
スポーツウエアみたいなのをを着た武装集団70~80人が入ってきた
それが、10人ずつくらいのグループに分かれて
3/31の夕刻から、夜昼かまわず4/2までの3日間
アパート・マンションに武器を持って押し入ってきて略奪した

昼夜問わず、いろんな物資の取り上げ、貴重品の取り上げ、
金品の取り上げをやったと
これに逆らった人は有無を言わさず撃ち殺された

この地域には、警察やウクライナ軍の家族も住んでいたが
お構いなしだった

この偽装義勇兵は、制服が支給されないで、
かわりにウクライナ兵を示す青い腕章(マーク)を付けているだけで
基本的に軍の銃(装具)以外は、制服は着ていない

囚人部隊は、刑事犯が多いので犯罪が起きるのではないかと危惧された
実際、キーウ市内は強盗や暴行が横行している

ちょうど、ロシア軍が下がっていったのを追いかけるように入ってきたこの部隊が略奪をしたということで
これは囚人部隊ではないかと

多くの人が射殺されて、遺体は地下室に運び込まれた

ウクライナのマスコミは、
ロシアのでくのぼう野郎の仕業だと報じた

多くの人は、それをキーウでも信じているけど
事実ではないです

よくロシア側の人は言うように
このブチャの残虐行為は、ネオナチ(アゾフ部隊)ではないと思っている

ごく少数のウクライナ部隊に率いられた軍服を着ていない連中がやった

少なくともこの人の住んでいた集合住宅地帯(250所帯)では
そういう人たちが来て、かなりの人数を殺した

<文字起こし終了>ーーーーーーーーーーー

この後、手記へと続きます。
内容を、一言でいうなら
”虐殺の目撃者が生き残っている限り、真実は必ず表に出る”
というようなことを言っています。
ローンを払ったマンションも、車も、持ち物全てを奪われた
でも、命だけは残った。


≫【切り抜き】ブチャからのメッセージ、ウクライナ情勢🇺🇦🇷🇺ロシア情勢

 


≫「戦闘の前線で罪償える」ウクライナ大統領、軍事経験ある受刑者釈放

 

ブチャ虐殺事件時系列

 

TBS報道特集

報道特集は、
現地で地元住人からの証言がとれたと言っていますが、
厳しい言論統制下では、本当のことは言えませんよね。
それに、日本語訳が正しいテロップかどかも怪しいものです。
つい最近もNHKが、話の内容と違ったテロップを流して問題になっていました。

≫「私たちは目の前で起きたことを忘れない」ロシアが“フェイク”と断ずる市民虐殺 主張覆す決定的証言と映像を入手【報道特集】|TBS NEWS DIG

 

 

 

ウクライナ国内の事情

ウクライナの言論弾圧

今、約6000人が親ロシア派だとみられて、行方不明になっている

ウクライナのブロガー、グレブ・キャシェンコは、ゼ大統領の外交政策を批判に書いた後、反逆罪で懲役15年の刑を言い渡された

事実を発信しているブロガーが命を狙われている
≫なぜゼレンスキー政権は邪悪だ

親ロ派の市長が行方不明事件相次ぐ
(ロシアが連れ去ったことになっているけど、ロシアが連れ去る理由がない)

今や言論弾圧がないのは、ロシアのテレグラムだけ
グーグルも言論弾圧(ウクライナ兵の虐殺行為NG)
≫ウクライナ戦争でGoogleが情報操作

 

日本の言論弾圧

・自民党・西田昌司議員が“陰謀論”著者と対談で批判殺到
・映画監督 河瀨直美さん”ロシアを悪者にすることは簡単”に批判殺到
・鳩山由紀夫氏 ”冷静な判断を”に批判殺到
・鈴木宗男氏においてはロシアのスパイ扱い

 

ウクライナ国内は治安が悪い

ウクライナの治安が悪くなっている理由は
・ゼ政権が一般住民に銃を配ったため、銃を持つ人が強い構図を作ってしまった
・囚人を解放したため

ウクライナ国内では、
人を木や電柱にグルグル巻きにして叩くという
私的リンチが日常茶飯事に行われている

 

まとめ

”この事実をぜひ世界に広げてくれ”という被害者の悔しい思いを汲んで、
この事件の事実を文字にまとめてみました。

日本の報道は、事実確認が取れないのに
全てロシアがやった残酷な事実として報道します。
でも、後でそれが間違いだったことが判明しても、
訂正は、絶対にしません。

窃盗・殺人をしたのは、もともと収監されていた凶悪囚人たちで
戦争で戦う為に、監獄から解き放ちました。
この実行犯にとって、窃盗・殺人は、得意技なのです。
凶悪犯であればあるほど、残虐に殺せるのです。
この作戦の為に、監獄から出したのでしょうか?

この事件を受けて、
ロシアは、「戦争犯罪だ!」と明言しちゃった岸田総理は
どうするんでしょうね?

【ウク危機⑧】マリウポリ産科病院空爆真相は?(被害女性の証言まとめ)マリウポリの産科病院空爆では、 いろいろな憶測が飛び交いました。 ①マリウポリの産科病院はアゾフ大隊の軍が使っていて、 患者は...