暮らし

情報商材って何?簡単に収入を得られるって怪しすぎる・・・

先日地元の広報誌に、情報商材トラブルの注意喚起がありました。
情報商材って何?聞いたことあるようなないような?
パソコンを使って、収入を得る方法を考えているなら、知っていたほうがいいですね。

情報商材とは?
インターネットの通信販売などで儲ける方法を有料で教えると称して販売されているサービスを情報商材と言う

実際にあった詐欺の事例

①A さんはネットで副業を探していた

②転売ビジネスで稼げるというサイトを見つけた

③メールで確認すると入会金9800円が必要と言われたので電子マネーで支払って入会した

④後日担当者から電話があり当社のサポートを受けたほうが効率的に稼げると言われたので40万円のサポートコースを契約しクレジットカードで決済した。

⑤しかし簡単に収入が得られると思って契約したものの商材が届いてみると簡単ではなかった

消費者センターに相談
契約後8日以内だったため、サイトとクレジット会社に通知書を出してクーリングオフすることができた

 

「情報商材」トラブル 東京都のまとめ

「情報商材」トラブル、4年で5倍に 都内での相談

東京都がまとめた2018年度の消費生活相談概要によると、「簡単に稼げるノウハウ」などと称して販売される「情報商材」の消費者相談が4年で5倍に増えた。
副業への関心につけ込んだ悪質商法がSNS(交流サイト)で広まっており、都は注意を呼びかけている。

都内での「情報商材」に関する消費生活相談は、18年度は1304件あった。14年度の260件から急増した。3割近くがSNSをきっかけに消費者が購入してしまったケースで、この比率も年々上昇している。

相談者は40~50代と20代が多い。
副業を後押しする企業が増えていることもあり「SNSで小遣い稼ぎができないか探す人が増え、被害に遭いやすくなっている」(都消費生活総合センター)。
小出しに、徐々に金額を引き上げて売りつけてくるため、被害額が50万円前後に達した相談が多かった。
日本経済新聞  (2019/8/1付)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48073960R00C19A8L83000/

無料メルマガにも注意

安易なメルマガ登録にも注意が必要です。
単純にブログやインターネットの知識をつけたいからと、無料メルマガを登録をすると、いつの間にか、売り込みの勧誘メルマガに代わっていることがあります。
ちょっと怪しげなメルマガは、今なら割引とか限定とかいう言葉で勧誘して、2週間ほど配信が続き、その後配信がピタリと止まってしまいます。
また、無料メルマガは迷惑メールが増える原因にもなってしまいます。

トラブルに巻き込まれないために

・情報商材は契約前に中身を確かめることができないため怪しいと思ったら連絡しない
・高額な契約を勧誘されるなど話が違うと思ったらきっぱりと契約を断る
・クレジットカードでの高額決済や借金をしてまで契約しない

もし契約後におかしいと気付いたら、消費生活センターに相談する

消費生活センターとは、
地方公共団体が設置する行政機関で、
・事業者に対する消費者の苦情や相談を受け付ける
・消費者啓発活動や生活に関する情報提供などを行う

※消費生活センターは、全国にあるので、困った事態になったときは、住んでいる地域の消費生活センターに相談する。

全国の消費生活センター http://www.kokusen.go.jp/map/

まとめ

身体が弱かったり、介護などの事情で外に働きに出かけられない人は、何とか在宅で収入の道を考えたいですね。
でも、簡単に収入が得られるなんていう話はありえません。詐欺に合わないためにもいろいろな情報は知っておくべきですね。